サックス クラス

サックスクラス

サックスは19世紀中頃に発明された管楽器としては比較的歴史の浅い楽器です。そのため近代の様々な音楽ジャンルの誕生と共に楽器が進化していきました。
ビゼー「アルルの女」ラヴェル「ボレロ」などのクラシック。アメリカで生まれ発展したジャズ。ビリー・ジョエルやスティングなどポピュラーの楽曲で聴ける間奏のソロ。JBホーンズやタワー・オブ・パワーなどの切れの良いホーンセクション。はたまた某名探偵アニメのテーマ曲など、その使われ方は実に様々です。
あなたはどんなサックスの音が好きですか?自分自身のお気に入りの音をよく聴き、理想の音色を目指してトレーニングをしていきましょう。
サックスはその大きさと音域によっていくつかの種類があります。
一般的に使われるものとしては、音域の高い順にソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスがあり、音域が低くなるほど楽器のサイズも大きくなります。レッスンでは全てのサックスを学ぶことができますが、初心者の方には、まずアルトサックスから始めることをお勧めしています。楽器をお持ちでない方のために、レッスン時に貸し出せるアルトサックスを用意しています。

土田さとし

講師 土田さとし

カリキュラム

かなり大まかな目安です。
以下のような基礎的なことを積み上げながら、やりたい音楽にどんどんチャレンジするのが良いでしょう。

初級

楽器の取り扱い方、奏法の基礎を修得してシンプルなメロディーを演奏できるところまでを目指します。

  • マウスピース、リードに関する基礎知識
  • 呼吸、標準的なアンブシュア(演奏時の口の形)
  • ロングトーン
  • 指使いについて
  • タンギングについて

中級

様々な曲に対応するためのトレーニングを重ねながら、他楽器とのアンサンブルができるようにします。シンプルな曲でジャムセッションに参加できるレベルを目指します。

  • 移調楽器について
  • メジャー、マイナー他いくつかのスケール
  • 分散和音、スケールに基づいたシンプルなパターン
  • ブルースについて
  • エチュードを使った練習
  • インプロビゼーションについて

上級

より高いレベルで自分のやりたい音楽を表現するために、音域の拡大、様々な音色、ニュアンスのためのトレーニングをします。

  • オーバートーンの練習
  • ビブラート、ベンドなどのニュアンス表現テクニック
  • フラジオレット、グロウルなどの特殊奏法
  • トランスクライブを通じた学習

その他各種サックス、フルートやクラリネットなどの持ち替え、セクションアンサンブル、音楽理論、読譜、リズムトレーニングなども必要に応じて指導します。

まずは無料で体験レッスンを受けることもできます。学びたいことやレッスン内容についてのご相談などお気軽にお問い合わせください。